2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


2型糖尿病の人は認知症になりやすいのですか?

 

糖尿病の人が、必ずしも認知症にかかるわけではありませんが、

 

認知症を発症する確率は、糖尿病でない人に比べると、高いと言われています。

 

 

これは糖尿病の合併症に脳血管性障害や高血圧が関係していることで、

 

脳の異常が起きやすい状態にあるからです。

 

 

確かに私の祖母も、糖尿病でなくなる数年前から認知症を患っていました。

 

最初は、年齢によるものだと思いましたが、脳血管障害も引き起こし、

 

その後はどんどん認知症が進んでいきました。

 

 

母は、そんな祖母を見るのが、とても辛かったようです。

 

 

糖尿病が、認知症の引き金となる、

 

脳血管性障害の原因となることも多いので、

 

糖尿病の人は、認知症に注意が必要かもしれません。

 

 

ですが、認知症に注意と言われても、

 

どんなことに気をつけたらいいのか?と思いますよね。

 

 

糖尿病にかかったら、まず血圧をこまめに測定する習慣をつけます。

 

認知症の原因でもある脳血管障害は、血圧が高い状態で起こりやすいですし、

 

血圧の変化で、脳内の異常を早めに感知することができるのです。

 

 

また、脳血管障害とはタイプが違うアルツハイマー型認知症も、

 

血糖値のコントロールを維持することで、発症する確率を低くすることが可能です。

 

 

認知症だけでなく、糖尿病の様々な合併症を防ぐためには、

 

血糖値のコントロールが、最重要となるわけです。

 

 


需要供給