2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


2型糖尿病と体重の関係

 

2型糖尿病は、運動不足や食べすぎが原因となることがあり、

 

肥満傾向にある人が、かかりやすいと言われています。

 

 

健康診断でも、体重やお腹周りの測定など、

 

メタボリックシンドロームの検査が行われますよね。

 

 

メタボリックシンドロームは、生活習慣病のことを指していて、

 

糖尿病もこの中に入っています。

 

 

運動不足や食べすぎなどで肥満になっている人は、

 

糖尿病にかかりやすいため、

 

早期の予防のために検査対象になっているのです。

 

 

糖尿病にかかると、体重が減少するケースも多いのですが、

 

糖尿病のきっかけは、肥満である場合がほとんどです。

 

 

「肥満=糖尿病」という認識でも間違ってはいないかもしれません。

 

2型糖尿病は、生活習慣が原因でかかるのがほとんどですから、

 

普段から体重には、気を配りたいですよね。

 

 

また、体重が少なくても内臓脂肪が多いと、

 

糖尿病の可能性が高くなります。

 

 

内臓脂肪が多く痩せている人を「かくれ肥満」といいますが、

 

かくれ肥満の場合、基礎代謝が悪いため、同じ食事量でも筋肉ではなく

 

脂肪に変わるケースが多くなります。

 

 

最近では、かくれ肥満を測定することも簡単ですし、

 

BMI(ボディーマスインデックス)という、

 

体重の基準値も計算できます。

 

 

体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)の数値が、

 

22であれば病気にかかる可能性が、

 

かなり低くなるという結果も報告されています。

 

 

このBMIが25以上になっていると肥満傾向にあり、

 

2型糖尿病などの疾患にかかりやすいという目安です。

 

 

もし、自分が糖尿病にかかりやすい状態の人や血糖値に不安がある人は、

 

白井田七」を飲んで事前に予防するといいでしょう。

 

 


需要供給