2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


糖尿病性ケトアシドーシスとは何ですか?

 

糖尿病性ケトアシドーシスという言葉は、

 

普段はあまり耳にしたことがないかもしれません。

 

 

これは、インスリンが不足することで、体内の脂肪代謝が活発となり、

 

高血糖だけでなく、脱水や意識障害などの症状が合併した状態を指します。

 

 

インスリンの働きが悪い、またはインスリンの量が少なく、

 

血液中の糖分を細胞がエネルギーとして取り込めない場合、

 

体の中では脂肪分からエネルギーを補充します。

 

 

こうした状態が続くと、体内にはケトン体という物質が

 

溜まるようになります。

 

 

ケトン体の量が多くなると、体は酸性に近づきます。

 

本来血液というのは、中性でなければならないのですから、

 

酸性に近づくことは、決して良いことではありません。

 

 

体が酸性になってしまうことをアシドーシスというのです。

 

 

つまり、ケトアシドーシスとは、ケトン体が蓄積して、

 

酸性に傾いてしまった状態のことです。

 

 

2型糖尿病よりも、インスリンの絶対量が少ない1型糖尿病の人に多く、

 

ショックやこん睡状態が見られる際には、早急な処置が必要となります。

 

最悪の場合、命にかかわることもあるので、注意が必要です。

 

 

ケトアシドーシスは、自覚症状が少なく、いきなり症状が現れるので、

 

非常に危険な状態となるケースが多いです。

 

 

1型糖尿病の場合には、インスリン注射がもっとも重要ですから、

 

きちんと用量と用法を守ることが重要ですね。

 

 


需要供給