2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


糖尿病だと障害者手帳はもらえますか?

 

糖尿病だけでは、障害者手帳はもらえないと思います。

 

実際に、糖尿病である私も、もらっていませんから。

 

 

例え薬を常時服用している、インスリンを打っているという状態でも、

 

そのことだけでは障害者手帳はもらえないはずです。

 

 

糖尿病が絡んでいて、障害者手帳がもらえる場合は、糖尿病性網膜症などで、

 

視力が著しく低下した、または失明した時などでしょう。

 

 

また、糖尿病には、色々な合併症が絡んでいますから、

 

身体に重度の障害が残った場合には、同じく障害者手帳がもらえます。

 

 

糖尿病が原因で脳梗塞を発症し、

 

麻痺が残った場合などが当てはまります。

 

 

もちろん、脳梗塞の場合には、

 

糖尿病に関係なく障害者手帳がもらえます。

 

 

その他には、糖尿病性壊疽で、

 

足などを切断した場合も、当てはまります。

 

 

糖尿病で障害者手帳をもらうのではなく、糖尿病に付随する病気が原因で、

 

障害が出た場合にもらうものだと思ってください。

 

 

障害者手帳をもらうには、役所の福祉課に出向いて、

 

障害者手帳申請書をもらいます。

 

 

必要事項を記入し、写真などを添えて、

 

医師の診断書(指定医が作成)と合わせて提出します。

 

申請後、問題がなければ、約1〜2ヶ月で手帳が交付されます。

 

 

障害者手帳に記載されていますが、

 

等級によって受けられる制度が違いますので、

 

自分の等級を確認しておきましょう。

 

 


需要供給