2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


糖尿病になると視力は低下しますか?

 

確かに糖尿病で視力が低下する人は多いです。

 

私はもともと近眼なので、視力の低下はありませんが、

 

私の祖母は、糖尿病で一時的でしたが失明しました。

 

 

現在は亡くなっていますが、失明した後も、

 

視力がすっかり回復したという記憶はありませんね。

 

 

糖尿病の場合、体の中の血管に色々な障害が起こります。

 

目の血管は、視力を保つために非常に重要です。

 

 

特に網膜は、多くの血管があって、高血糖の状態が続くと、

 

その血管がもろくなり破壊されてしまいます。

 

 

血管の数が多いため、すぐに失明することはありませんが、

 

徐々に視力は低下します。

 

 

目の病気で視力低下が激しいものは、緑内障です。

 

その次に多いのが、糖尿病とのことですから、

 

視力低下は避けられないかもしれません。

 

 

視覚障害をもたらす疾患の20%近くが、糖尿病とのことですから、

 

視力低下が糖尿病の代表的な症状といってもいいのではないでしょうか。

 

 

ですが、糖尿病にかかると必ず視力が低下するとも限らないのです。

 

しかも、視力が低下しても、きちんと治療をすれば

 

視力が回復したという人も少なくありません。

 

 

一番怖いのは、糖尿病とわかっていながら、食事療法など、

 

特に治療もせずにそのままにしておくことです。

 

 

いつの間にか視力が低下していて、いきなり見えなくなるということも、

 

ないわけではありませんから、糖尿病と診断されたら、

 

こまめに視力検査をしておきましょう。

 

 


需要供給