2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


糖尿病の人がビールを飲んでも大丈夫ですか?

 

糖尿病の人が、食べたり飲んだりしてはならないものは、

 

基本的にありません。

 

ですから、ビールを飲んでも大丈夫とお答えしましょう。

 

 

ただし、あなたが血糖値のコントロールができていて、

 

医師からアルコールはOKと、言われていることが大前提です。

 

 

血糖値のコントロールが、うまくいかないのに、

 

アルコールを摂取することは、非常に危険です。

 

 

アルコールには、血糖値を下げる働きがあるので、

 

下手をすると低血糖になってしまいます。

 

 

さらにアルコールは、酔った勢いで気が大きくなって、

 

その時は思い切り食べても大丈夫という気持ちになってしまいがちです。

 

 

後になって後悔するという事態にならないように、

 

「アルコールは控えてください」という指示が出ている人もいますね。

 

 

あなたは、そのあたりは大丈夫でしょうか?

 

大丈夫であれば問題はありませんよ。

 

 

また、ビールを飲むということは、

 

つまみを食べる可能性もありますね。

 

 

つまみを食べてはいけないということではありませんが、

 

そこに食事もするとなると明らかにカロリーオーバーです。

 

 

ですから、食事量やつまみの量、ビールをどれくらい飲むか、

 

全体のバランスをしっかり考えましょう。

 

 

「あれもこれも食べてはダメ!」ということになると、

 

そのこと自体がストレスになりますから、血糖値のコントロールができていて、

 

許容範囲であれば、ビールもゆっくり楽しみたいですね。

 

 


需要供給