2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


妊娠している場合に、糖尿病の薬物治療は大丈夫ですか?

 

妊娠中に妊娠糖尿病にかかることはありますが、

 

その際は、薬物治療が行われることはほとんどありません。

 

 

妊娠糖尿病は、一時的なものであって、通常の糖尿病と比べても、

 

血糖値もあまり高くありませんから、食事療法だけで十分対応できるからです。

 

 

ただし、中には血糖値が高い状態が続き、

 

本格的な糖尿病になってしまうこともありますから注意は必要です。

 

 

糖尿病の人が妊娠した場合には、

 

ちょっと条件が違ってきます。

 

 

糖尿病の人が妊娠すると、

 

薬物治療も行う場合とそうでない場合とに分かれます。

 

 

もちろん、胎児に影響してしまう危険性がある薬は使われませんが、

 

血糖のコントロールは、妊娠中の方がかなり重要視されます。

 

 

血糖値が高いままだと、出産の際にも影響が出ますし、

 

胎児にも何らかの影響が、出てしまう危険性があります。

 

 

妊娠中の糖尿病治療については、担当の医師とよく相談しましょう。

 

自分一人の体ではありませんし、あなたが糖尿病であるということは、

 

ひょっとしたら生まれてくる赤ちゃんにも、遺伝してしまう可能性があるのです。

 

 

薬物治療が大丈夫かという心配もわかりますが、

 

まずは担当の医師の指示に従って、

 

血糖値をコントロールすることを心がけてください。

 

 

そして、食事はしっかり摂り、適度な運動も大切です。

 

元気な赤ちゃんを産むために、

 

お母さんは色々と努力しなければなりませんね。

 

 


需要供給