2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


糖尿病の薬物治療に副作用はありませんか?

 

薬の副作用ですが、これは糖尿病に限らず、

 

どんな場合でも起こる可能性があります。

 

 

使われる薬によっては副作用として、

 

お腹のハリや便秘、下痢などが出ることもあります。

 

 

インスリン抵抗性改善薬は、むくみが出やすいと言われていますし、

 

肝機能の低下も起こる可能性があります。

 

 

その他には、空腹感が強くなる薬もあって、

 

食べ過ぎないように注意しなければいけないものもあります。

 

 

また、糖尿病の薬の中で、副作用と言えるかはわかりませんが、

 

低血糖を起こすものがあります。

 

 

他の薬を飲み合わせることで低血糖が起きやすいものもあれば、

 

単体で服用しても低血糖になるものもあります。

 

 

低血糖は、めまいや冷や汗、動悸などが現れますが、

 

症状が悪化すると、意識の混濁やこん睡状態に陥ります。

 

 

ブドウ糖などを摂取することで、症状は落ち着きますが、

 

何度も低血糖を繰り返すようであれば、薬があっていない可能性があります。

 

 

どんな薬でも、体質に合わない場合には副作用が出ます。

 

効き目が強すぎて、低血糖症状になることもありますから、

 

薬を処方してもらい、使い始めたらしばらくは様子を見ましょう。

 

 

「せっかく処方してもらったのだから、そのうち慣れるかも」と思っていても、

 

実際には体質に合わなかったということも考えられますから、

 

異常があった時にはすぐ医師に相談しましょう。

 

 


需要供給