2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


糖尿病の薬を飲み忘れた時はどうすればいいですか?

 

糖尿病の薬物療法では、

 

薬を決められた時間に飲むことが重要です。

 

 

薬の種類も、食前・食後・食間など、色々な種類がありますから、

 

指示されたとおりに使うことが理想です。

 

 

ですが、時には、何らかの理由で

 

薬を飲み忘れたということもあるでしょう。

 

 

できれば飲み忘れがないことが一番ですが、

 

人間ですから忘れてしまうこともありますね。

 

 

例えば、食前に飲む薬を忘れていて、食事の最中に思い出したとします。

 

急いで飲めば多少なりとも効果はあります。

 

 

ただし、食事が終了してしまった時点で思い出しても、

 

それは時すでにおそしです。

 

 

食後の薬の場合も、食後2時間くらいまでなら、

 

飲むことができます。

 

 

それ以上時間が経っていた時は、

 

次回に一緒に飲むなどということはやめて、

 

次から忘れずに飲むことを肝に銘じてください。

 

 

飲み忘れた分を次の服用時にまとめて飲むことは、

 

低血糖を起こしやすくなりますから、とても危険です。

 

 

おそらく、糖尿病の治療で内服薬が処方された時に、

 

薬剤師などから詳しい説明がされるはずです。

 

 

耳で聞くだけでは心配という人は、自分でメモを取りましょう。

 

 

最近の薬局は、薬に関したプリントを一緒に渡してくれますし、

 

おくすり手帳にも記載してくれます。

 

 

不安な点は、使い始める前にきちんと質問しておくことが大切です。

 

もちろん、飲み忘れた時のことも、自分で確認しましょう。

 

 


需要供給