2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


両親が糖尿病でないのに、糖尿病にかかったのはなぜですか?

 

糖尿病は、遺伝が大きく関係していますから、

 

両親が糖尿病であると、自分にも遺伝している可能性が高くなります。

 

 

ですが、糖尿病にかかるのは、

 

必ずしも遺伝だけではないのです。

 

 

2型糖尿病の場合、遺伝が関係しているのはほんのわずかで、

 

ほとんどが生活習慣の乱れによるものです。

 

 

ですから、あなたのご両親が糖尿病でなくても、

 

あなたが糖尿病にかかる可能性は、低くはないのです。

 

 

ストレスが溜まっている、食べ過ぎや肥満傾向にある、

 

運動不足や生活習慣の乱れが目立つという人は、

 

いつ糖尿病にかかっても、おかしくないと言えるでしょう。

 

 

2型糖尿病の場合、遺伝はあまり関係していないといっても、

 

両親が糖尿病である場合、遺伝する可能性は残っていますから、

 

身内に糖尿病の人がいる場合には、普段の生活にも気を配る必要があります。

 

 

「両親が糖尿病でないのに、なぜかかかったのか?」

 

と不思議に思うかもしれませんが、

 

それだけ糖尿病が、頻繁に発症している病気と言えるのです。

 

 

血液検査で、糖尿病の疑いがあると言われても、

 

両親が糖尿病でない場合、結果を信用せず、治療を行わない人も多いです。

 

 

症状が進行して初めて、「なぜ自分が糖尿病になるのか、両親は糖尿病じゃないのに」と、

 

疑問を持つ人がいますが、これは糖尿病に関する知識が間違っているのです。

 

 

遺伝が関係ないとは言いませんが、遺伝でなくても

 

糖尿病にはかかるのだということを頭の隅においておきましょう。

 

 


需要供給