2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


甘いものを食べなければ糖尿病にはかかりませんか?

 

甘いものを食べると糖尿病になると言うのは、

 

昔はよく言われていましたね。

 

ですが、糖尿病は、甘いものを食べたからかかるのではありません。

 

 

確かに甘いものが好きな人が糖尿病になることもありますが、

 

甘いものを食べていない人でも、糖尿病にかかるのです。

 

 

ですから、糖尿病に必ず甘いものが絡んでいると考えるのは間違いですし、

 

甘いものを食べなければ、糖尿病にかからないというのもおかしな話です。

 

 

確かに甘いものやカロリーの高いものを食べると血糖値は上昇します。

 

ですが、それは一時的なもので、糖尿病の場合には、

 

血糖値が高い状態が持続するのです。

 

 

糖尿病は、膵臓から分泌されるインスリンの働きが悪く、

 

血液中の糖が、細胞に取り込まれなくなる病気です。

 

 

血液中に糖があふれてしまい血糖値が高くなることで、

 

様々な症状を引き起こします。

 

 

血糖値が高いままの状態は、血圧を上昇させる原因になりますし、

 

動脈硬化なども起こしやすくなります。

 

 

糖尿病を防ぎたいと思っているのであれば、

 

甘いものを食べないというよりも、

 

色々な食物をバランスよく、1日3食をしっかり摂ることです。

 

 

食べ過ぎや飲みすぎ、偏食は、糖尿病の原因になります。

 

 

「糖尿病=甘いものの食べすぎ」という考え方は、

 

正直言って全く当てはまりませんから、

 

糖尿病に関する知識を頭の中に入れておきましょう。

 

 

生活習慣を改めることが、

 

糖尿病にならない方法と言えるでしょう。

 

 


需要供給