2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


2型糖尿病の検査方法

 

「糖尿病の検査は、尿に糖が出ることでわかるんでしょ。」

 

そう考えていませんか?

 

実は私もそう思っていました。

 

 

ですが、実際には違うんですよ。

 

糖尿病は、血液検査(血糖検査とも言いますが)でわかります。

 

 

もちろん、尿に糖が出ているか検査することもありますが、

 

糖尿病にかかっても尿に糖が出ないケースもあって、

 

糖尿病と判断できるまでは時間がかかります。

 

 

しかも、尿に糖が出ているということは、

 

糖尿病がかなり進行している可能性が高く、

 

ある意味手遅れになっている状態なのです。

 

 

ですから、血糖値をはかり、その数値で糖尿病かどうか判断するのが、

 

早めに糖尿病かどうかを診断する決め手にもなります。

 

 

血糖値の検査方法は、ブドウ糖液を飲んで測定するものや、

 

食後2時間経過した状態で検査する方法があります。

 

 

一番用いられているのは、朝食を食べずに

 

お腹が空いた状態で血糖値を計り、

 

その数値で診断する方法です。

 

 

これは病院によっても検査方法が違いますが、基準値は決まっているので、

 

その基準を超えたら糖尿病の疑いがあるわけです。

 

 

まずは血液検査で糖尿病かどうかをはっきりさせましょう。

 

 

また、糖尿病の進行によっては、

 

目に異常を感じるケースもありますが、

 

その時には眼底検査も有効です。

 

 

これは、糖尿病の検査ではなく、

 

合併症の検査になりますね。

 

 

仕事が忙しくて検査に行く時間がない人は、

 

自宅で簡単にできる糖尿病検査キットを使ってみるといいでしょう。

 

 

長い間健康診断に行っていない人や健康診断に行く時間がない人は

 

自分が糖尿病予備軍や糖尿病でないか知っておくことは大切です。

 

 


需要供給