2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


幼児でも糖尿病になることはありますか?

 

糖尿病と言うと、大人の病気というイメージがありますが、

 

実は子供(幼児)も糖尿病にかかることがあります。

 

 

「子供の糖尿病なんて、甘いものを食べ過ぎたからじゃないの?」と、

 

勘違いされる親御さんも多いですが、

 

実は、自己免疫不全が原因になっているケースが多いのです。

 

 

小児糖尿病は、1型糖尿病に分類されることがよくあります。

 

それ自体は間違いではありませんが、

 

2型糖尿病も子供がかかる可能性はあります。

 

 

データでは10歳未満の糖尿病患者の約97%が1型糖尿病で、

 

15歳未満の糖尿病患者となると、1型糖尿病が48%、

 

2型糖尿病が50%となっています。

 

 

このことから、年齢が進むと2型糖尿病の子供さんも、

 

出てくると言うことがわかります。

 

 

幼児の場合は、そのほとんどが1型糖尿病ということになりますね。

 

1型糖尿病は遺伝やウイルス感染などが原因で発症します。

 

 

インスリンの分泌量が極端に少ないので、

 

インスリン注射が必要になります。

 

 

お子さんが糖尿病ではないかという判断は、喉の渇きを頻繁に訴える、

 

倦怠感の訴えがある、食べているのに痩せてきたなどの点が目立つと、

 

1型糖尿病の疑いが濃くなります。

 

 

喉の渇きをそのままにしておくと、

 

心肺機能がいきなり停止するということも、

 

報告例がありますから、注意しましょう。

 

 

子供の糖尿病なんて、様子を見たほうが良いと言う思い込みは危険ですよ。

 

早めにかかりつけの病院に受診することをお勧めします。

 

 


需要供給