2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


2型糖尿病と妊娠糖尿病の違いは何ですか?

 

妊娠糖尿病は、妊娠がきっかけで血糖値が高くなることをいいます。

 

糖尿病の人が妊娠すると、糖尿病合併妊娠と呼ばれます。

 

 

妊娠糖尿病は、妊娠中毒症や尿路感染症などの病気を引き起こす原因になりますから、

 

妊娠したらこうした状態にならないように配慮する必要があります。

 

 

妊娠糖尿病は、妊娠した時だけ発症する一時的な症状です。

 

ですが、血糖値が高い状態が続くと、

 

本物の糖尿病に発展する可能性も否定できません。

 

 

2型糖尿病に比べると、血糖値の数値は決して高くはありませんが、

 

妊娠という状態で血糖値が高いのは、胎児に与える影響がありますから、

 

よい状況ではありません。

 

 

ですから、2型糖尿病と同じように

 

食事療法や運動療法が行われます。

 

 

妊娠中は、食事や運動も大切ですから、

 

こうした治療は妊婦さんの健康のためにも、

 

良いことかもしれません。

 

 

2型糖尿病のように進行する可能性は低いですが、

 

やはり妊娠中ということを考えると、胎児への影響も心配です。

 

 

妊娠中毒症にかかってしまうと、

 

出産の際に母体や胎児への負担が大きくなります。

 

妊娠したら血糖値にも配慮が必要だということがわかりますね。

 

 

2型糖尿病は、生活習慣が原因で発症し、

 

治療をしないと症状が悪化していきますが、

 

妊娠糖尿病は一時的なものです。

 

 

ここが2型糖尿病と妊娠糖尿病の大きな違いと言えるでしょう。

 

 


需要供給