2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


2型糖尿病と2次性糖尿病の違いは何ですか?

 

2型糖尿病と2次性糖尿病は、

 

なんとなく名前が似ていますが、原因は全く違います。

 

 

簡単に言えば、2型糖尿病は、糖尿病そのものですが、

 

2次性糖尿病は、違う病気が引き金となって

 

糖尿病にかかってしまうものです。

 

 

2次性糖尿病は、膵炎やすい臓がんなどの病気を持っていて、

 

その治療薬の作用で発症するものが多く見受けられます。

 

 

膵臓にはインスリンを分泌する細胞がありますが、

 

これらの病気の治療で、その細胞が壊れてしまうことで、

 

糖尿病を発症してしまうケースもあります。

 

 

つまり、インスリンの分泌量が低下してしまうわけですね。

 

インスリンの分泌量が減少すれば、血液中に糖があふれてしまいますから、

 

結果的に糖尿病と同じ状態になるのです。

 

 

2次性糖尿病の治療としては、通常の糖尿病の治療とほとんど同じ内容で行われ、

 

基礎疾患がうまく改善できれば、糖尿病の治療が不要な場合もあります。

 

 

もちろん、こうした病気にかかったら、

 

必ず糖尿病にかかるわけではありません。

 

 

治療の段階で、発症するかもしれないと

 

考えてもらえればいいでしょう。

 

 

2型糖尿病は、生活習慣が原因で起こるものです。

 

食事療法や運動療法、薬物療法などを組み合わせて治療します。

 

 

何かの病気が原因で発症するものと、生活習慣が原因で発症する、

 

そして、病気が改善すれば糖尿病も改善できる、

 

これが2次性糖尿病と2型糖尿病の大きな違いといえるでしょう。

 

 


需要供給