2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


2型糖尿病と1型糖尿病の違いは何ですか?

 

糖尿病には1型糖尿病と2型糖尿病とがあります。

 

1型糖尿病と言うのは、膵臓で作られるインスリンの量が、

 

全く足りないことで起こります。

 

 

ウイルスや何らかの原因でインスリンが作られなくなってしまい、

 

血液中の糖が細胞に取り込まれなくなってしまう状態を指しています。

 

 

この場合、治療としては、インスリンを毎日注射する方法がとられます。

 

インスリンを注射することで、インスリンの量を少しずつ増やしていきます。

 

 

ただし、1型糖尿病は、糖尿病患者全体の約5%と言われていて、

 

かなり少ないのです。

 

 

そうなると、残りの95%が、2型糖尿病ということになります。

 

その通りで、インスリンの量が少ない(1型糖尿病ほどではない)、

 

インスリンの働きが悪い、インスリン受容体の元気がないというパターンに分かれます。

 

 

インスリン受容体とは、インスリンが細胞に取り込まれる際に結合する、

 

わかりやすくいえば鍵と鍵穴のような関係があります。

 

 

インスリンがいくら細胞に取り込まれようとしても、

 

鍵穴である受容体がなければ、入り込むことはできませんよね。

 

 

2型糖尿病では、インスリン注射は、

 

必ずしも必要ということはありません。

 

これも1型糖尿病との大きな違いですね。

 

 

1型糖尿病は、遺伝によるものが多く、

 

2型糖尿病は生活習慣が大きく関係しています。

 

 

ですから2型糖尿病の場合には、食事制限や運動療法といった、

 

生活に即した方法が治療として有効なのです。

 

 

治療しだいでは症状が改善して治る可能性があるのも、

 

2型糖尿病の特徴ですね。

 

 


需要供給