2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


糖尿病の治療をしないとどうなりますか?

 

糖尿病だと診断されたのに、そのまま治療をせずにいると、

 

症状は刻々と進行します。

 

 

糖尿病と診断された時に自覚症状がないと、

 

なかなか治療をしようとは思いませんよね。

 

 

その気持ちはわからないでもありませんが、

 

そのままにしておくと、合併症を引き起こしてしまいます。

 

 

糖尿病に気づくほとんどの人が、

 

この合併症にかかってからあわてて受診をし、

 

食事療法や運動療法を行うことになります。

 

 

症状があまりに進行している場合には、

 

いきなり薬物療法を行うこともあります。

 

 

また、慢性腎症にかかってしまい、

 

人工透析をしなければならないというケースもあります。

 

 

人工透析となると、今後一生続きますから、

 

かなり大変なことになります。

 

 

しかも、糖尿病の合併症には、心筋梗塞や脳梗塞といった、

 

命にかかわる病気もあります。

 

 

糖尿病と言われた割には、なんともないと思っていたら、

 

ある日突然心筋梗塞で倒れてしまう、ということも少なくありません。

 

 

私たちは、体に異変を感じないと、どんな病気にかかっていても、

 

積極的に治療を行おうとしない傾向にあります。

 

 

ですが、糖尿病の場合には、放置することで症状が悪化し、

 

それによって様々なダメージが起こることは確実です。

 

 

糖尿病なんて大丈夫と簡単に考えて、実際に何か起こってからでは、

 

かなり危険なケースが多いので、診断されたら早めの治療が重要です。

 

 


需要供給