2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


風邪を引かない

 

2型糖尿病の人は、風邪を引かないように注意する必要があります。

 

たかが風邪くらいで、と思われるかもしれませんが、

 

風邪が万病の元と言われているのはご存知ですよね。

 

 

糖尿病も合併症が多いことで知られていますが、

 

風邪の場合も色々な病気を引き起こしてしまいますから、

 

できるだけかからないようにすることが、予防と言えるでしょう。

 

 

まず、風邪を引くと、発熱や下痢、嘔吐などが起こります。

 

食欲が落ちて、満足に食事が取れない状態になる可能性もあります。

 

 

すると、結果として血糖値のコントロールが難しくなります。

 

風邪が長引けば長引くほど、糖尿病の人にとってはよくない状況が続くわけです。

 

 

しかも、糖尿病の人は、風邪が悪化しやすい傾向にあります。

 

気管支炎や肺炎といった重篤な症状になってしまうケースも多いのです。

 

 

さらに、糖尿病の人は、抵抗力も落ちているので、

 

風邪が悪化しやすいのです。

 

 

一度風邪を引いてしまうと、なかなか良くならないのが

 

糖尿病患者の辛いところです。

 

 

風邪を引いたかもしれないと思ったら、

 

早めに受診するのが無難です。

 

 

風邪薬との飲み合わせもありますから、糖尿病の薬物治療をしている人は、

 

勝手に市販の風邪薬を使わずに、きちんと受診しましょう。

 

 

また、普段から風邪を引かないように体調管理に心がけることも、

 

糖尿病の人には大切です。

 

 


需要供給