2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


足などに傷を作らない

 

2型糖尿病の人は、足に傷を作らないことも大切です。

 

 

何故なら、2型糖尿病の場合、末梢神経の働きが悪くなり、

 

足に傷ができてもそれに気づかず、

 

いつの間にか悪化してしまうことがあるからです。

 

 

2型糖尿病の人全てが、抹消神経の働きが悪くなっていることではありませんが、

 

末梢神経の障害は、自覚症状がないので、

 

糖尿病の人は、普段から気をつける必要があるのです。

 

 

ちょっとした擦り傷や水虫、靴擦れなどでも、

 

それが悪化するケースは多々あります。

 

 

糖尿病の場合、抵抗力も弱いので、細菌感染しやすく、

 

そこが化膿してしまいます。

 

 

末梢神経の働きが悪く、痛みにも鈍感なので、

 

傷ができている・化膿していることにも、なかなか気づきません。

 

患部が変色して始めて重症になっていることに気づくわけです。

 

 

最悪の場合、その患部が壊死してしまって、

 

切断しなければならない状況に陥り、

 

大変な目にあうこともないわけではありません。

 

 

実は、私の祖母は糖尿病で、長く入院していましたが、

 

亡くなるきっかけになったのは、足の指の壊疽が進んでしまったことでした。

 

 

ちょっとした傷でしたが、化膿するのが早く、

 

治療が追いつかなかったようです。

 

 

普段から、足に傷を作らない、傷ができていないかチェックすることは、

 

糖尿病の人には欠かせませんから、こまめにチェックする習慣をつけましょう。

 

 


需要供給