2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


2型糖尿病の症状

 

2型糖尿病の症状としては、喉の渇きや尿量が多くなる(排尿回数も増える)、

 

足がつりやすい、体重が減る、疲れやすいなどが上げられます。

 

また、見えにくいなど目の異常を感じる場合もありますね。

 

 

私の場合は、疲れやすさと喉の渇きが始まりでした。

 

でも、この段階ではただの疲れとしか思えなかったのも事実です。

 

 

糖尿病は、自覚症状がほとんどない病気です。

 

この症状を考えても、糖尿病特有のものというよりも、

 

糖尿病とは気づかないものが多いでしょう。

 

 

そこが糖尿病の怖いところなのです。

 

 

さらに、この自覚症状の少なさは、

 

健康診断などで血糖値が高いと言われても、

 

早急に治療を始める人が多くない原因にもなっています。

 

 

症状が進行し、合併症が出て治療をするケースがほとんどです。

 

しかも、合併症の多くも自覚症状が少ないため、それに気づいた時には、

 

糖尿病もかなり進行している場合が多いんです。

 

 

また、糖尿病については、甘いものを控えれば治ってしまう、

 

または症状が進行しないという、間違った認識をしている人もいます。

 

これは私も当てはまっていました。

 

 

糖尿病の初期症状が、日常生活を送る上であまり支障がないために、

 

そう思い込んでしまったのです。

 

 

気づいた時にはかなり症状が重くなっているのも糖尿病の特徴ですから、

 

気になることがあれば、血糖値を計ることも大切です。

 

 

「だるい」「疲れやすい」「のどが渇く」「尿の量・回数が多い」

 

「性欲減退」「勃起不全」などの症状がある方は、一度糖尿病検診を受けてみましょう。

 

 


需要供給