2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


外食を控える

 

2型糖尿病で、食事療法は治療の中心となっています。

 

3食バランスの取れた食事をすることで、症状が軽い場合には、

 

血糖値のコントロールも可能です。

 

 

1日の食事のカロリーを考えると、

 

できればカロリーの高い外食は避けたいところですね。

 

 

外食はどうしてもカロリーが高くなりますし、

 

人数が多い場での食事は、つい食べ過ぎてしまうからです。

 

 

ですが、毎日忙しい、付き合いが多いなどの理由で、

 

どうしても食事を外で済ませる人は、意外に多いものです。

 

 

仕事や付き合いとなると、自分だけ参加しないのはまずいですよね。

 

私も実際に、糖尿病ではあるものの、外食をしなければならない場面はあります。

 

 

ですから、そんな時には、できるだけメニューに

 

カロリーが記載されている所で食事をするようにしています。

 

 

塩分を記載しているところもありますから、

 

普段からチェックしておきましょう。

 

 

そして、注文の際には、野菜や魚がメインのメニューを選び、

 

血糖値の上昇を抑えるものを心がけましょう。

 

 

また、外食があることがあらかじめわかっていれば、

 

昼食を少し少なめにするなどの緊急措置もできるでしょう。

 

 

ただし、薬を使っている場合には、

 

低血糖にならないように配慮しなければなりません。

 

 

周りの人に糖尿病であることを告白しておくと、

 

外食に出かけても安心してメニューが選べるのではないでしょうか。

 

 


需要供給