2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


喫煙・飲酒は控える

 

2型糖尿病では、喫煙と飲酒はできるだけ控えたほうが無難です。

 

特に、喫煙に関しては、控えるというよりも禁煙するべきですね。

 

 

喫煙は、糖尿病だけでなく、

 

他の病気を発症させる原因としても知られています。

 

 

タバコは、血流を悪くすることがわかっていますが、

 

糖尿病の場合、ただでさえ血糖値が高く、

 

血液がどろどろしている状態ですから、

 

その状態を悪化させる危険性が高いのです。

 

 

糖尿病でなくても、喫煙は動脈硬化を起こしやすいので、

 

健康のためには控えましょう。

 

 

また、アルコールは、血糖値を下げる働きがあります。

 

「血糖値を下げるなら問題ないのでは?」と思うかもしれません。

 

 

ですが、食事療法や薬物療法をしている時に

 

アルコールで血糖値が下げれば、

 

低血糖を引き起こす可能性があります。

 

 

アルコールを飲むから薬を使わないというのも、

 

危険性が高いですからやめてくださいね。

 

 

それに、アルコールは、

 

どうしても飲みすぎや食べ過ぎの原因になります。

 

 

血糖値のコントロールがうまくいっていれば、

 

医師から許可されることもありますが、

 

それも指示された量を守る必要があります。

 

 

喫煙や飲酒は、長年の習慣となっている人も多いでしょうから、

 

やめる・控えるというのは大変な努力だと思います。

 

 

ですが、健康はこれからの生活にも欠かせませんから、

 

そのための努力を惜しまないでくださいね。

 

 


需要供給