2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


ストレスをためない

 

ストレスは、全くないというのも問題ですが、

 

溜め込みすぎると2型糖尿病の原因になります。

 

2型糖尿病だけでなく、色々な症状の原因にもなりますよね。

 

 

ストレスがたまると、自律神経の中の交感神経が活発になります。

 

つまり、緊張状態にあるわけです。

 

 

すると、インスリンの分泌をつかさどっている副交感神経の働きが、

 

抑制されてしまうので、2型糖尿病の人は、

 

余計にインスリンの分泌が少なくなってしまうのです。

 

 

リラックスしている時の方が、インスリンが分泌されますから、

 

ストレスは2型糖尿病の敵といってもいいでしょう。

 

 

実際に、私の知り合いで、原因がわからないのに

 

血糖値が上がるという人がいました。

 

 

確かに血糖値は高いのですが、食事などに問題が見当たらず、

 

ストレスではないか、という診断となったのです。

 

その人はストレスをためている自覚が全くなかったのですが・・・。

 

 

そして、様子観察をかねて入院したところ、

 

なんと数日で血糖値が正常値になったのです。

 

 

入院することで、知らず知らずのうちに抱えていた

 

ストレスを解消できたわけです。

 

 

ストレスだけで糖尿病にかかるなんて、ちょっと驚きですが、

 

ストレス社会といわれる現在では、こうしたパターンも多いようです。

 

 

ストレスは、普段の生活の中で、どうしても溜まりがちです。

 

ストレスを感じるなというのは無理な話で、そうではなく、

 

ストレスをできるだけ定期的に解消することがポイントです。

 

 


需要供給