2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


適度な運動をする

 

糖尿病の場合、食事療法と併用して行われるのが運動療法ですね。

 

運動療法というと、大げさな感じがしますが、

 

要は適度な運動をするということです。

 

 

適度な運動と言われてもピンとこないかもしれませんが、

 

激しい運動ではなく、普段でも手軽にできる内容をさしています。

 

 

運動をすることで、筋肉が活発に動き、

 

血液から糖分を吸収するようになります。

 

 

すると血糖値が下がりますし、

 

インスリンの働きもよくなります。

 

 

では、具体的にどんな運動が、

 

「適度な運動」なのでしょうか。

 

 

糖尿病の運動療法でよく使われるのが、有酸素運動です。

 

これはジョギングやウォーキングなど、

 

一定の時間無理のない範囲で体を動かすものです。

 

 

最低でも20分以上は続けなければ、血液中の糖をエネルギーとして、

 

筋肉が取り入れませんから、頑張りましょう。

 

 

ウォーキングであれば、毎朝の習慣にもできますし、

 

サラリーマンの人は、一駅分歩くだけでもいいですよ。

 

 

車を使っていたところを徒歩にするだけでも効果はあります。

 

 

水泳も有酸素運動としてお勧めですが、近いところにプールがない、

 

お金がかかるなどの点がでてきますから、手軽にできるものを選びましょう。

 

 

毎日または1日おきに行うことが、糖尿病の治療として理想ですから、

 

自分が継続できそうなものを実践しましょう。

 

 

有酸素運動を始めて、ダイエットもできた人も多いですから、

 

一石二鳥とも言えますね。

 

 


需要供給