2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


野菜を食べる

 

2型糖尿病では、食事療法が治療の主な方法となります。

 

運動療法も行われますが、まずは食事療法が優先されますね。

 

 

この時に医師から「野菜を食べなさい」と指導されるはずです。

 

ですが、野菜だけを食べていれば良いわけではありません。

 

 

野菜だけを食べても、物足りなさだけが募ってしまい、

 

満足感もなければ、ストレスがたまってしまうことでしょう。

 

 

2型糖尿病になったら、野菜しか食べられない・・・

 

と思い込むのもよくありません。

 

 

医師が言いたいのは、

 

「食事に野菜を多く取り入れる」ということです。

 

 

それには、野菜の持つ効果にあります。

 

 

野菜はそのほとんどが、

 

食後の血糖値の上昇を抑えてくれる働きがあります。

 

 

血糖値が上がらないと言うよりも、

 

血糖値の上昇が緩やかなのです。

 

 

そして、これには食べ方にもポイントがあります。

 

普通に食事をするのではなく、

 

最初に野菜をある程度食べておくのです。

 

 

また、食物繊維の多い野菜を先に食べると、

 

血糖値を上げやすくする糖質や脂肪が、

 

体外に排出されやすくなります。

 

 

野菜を多く摂ることは、2型糖尿病だけでなく、

 

健康的な生活にも役に立ちます。

 

 

生で摂ると、かなりの量になってしまうので、

 

蒸す・茹でるなど、好みにあわせて、

 

調理して摂取するといいですね。

 

 

私も自分で、野菜を先に食べた時と後にした時とで、

 

血糖値を測定しましたが、先に野菜を食べた時の方が、

 

血糖値が低くなっていましたから驚きです。

 

 

試しにやってみるといいですよ!

 

 

ちなみに、私が食べている野菜は千葉県産の無農薬野菜です。

 

取れたての無農薬野菜を産地から直送してもらえます。

 

 

安心して食べることができますし、とても美味しいので家族にも大好評です。

 

2,400円相当の無農薬野菜が1,500円で試せる『お試しセット』もあります。

 

 


需要供給