2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


2型糖尿病に良い食材とは?

 

2型糖尿病で、どんな食材を摂ればよいか、

 

気にしている人も多いのではないでしょうか。

 

 

ですが、2型糖尿病の場合、食べてはいけない食材や、

 

食べた方がいい食材というものは存在しません。

 

 

バランスの取れた食事を心がけることが、

 

一番の治療となるのです。

 

 

1日に必要なカロリーをバランスの取れた食事で摂取すれば、

 

膵臓にかかる負担も少ないですし、膵臓の機能の回復も見込めるかもしれません。

 

 

もちろん、食事をして、急激に血糖値が上がる食べ物は、

 

できるだけ控えたほうが無難です。

 

 

具体的な食材としては、白米や白パンは吸収がよいので、

 

血糖値があがりやすくなります。

 

 

それに比べて、雑穀米や全粒粉のパンなどのほうが、

 

吸収スピードがゆっくりですから、血糖値の上昇も緩やかになります。

 

 

そのほかには、野菜、乳製品、果物、大豆なども

 

血糖値の上昇が緩やかです。

 

 

最近ではグリセミック指数(GI値)といって、

 

体内に取り入れられてからの吸収スピードを

 

数値で表したものが活用されています。

 

 

例)食パン:95、白米:88、パスタ:65、そば:54、豚肉:46など。

 

 

2型糖尿病の食事療法で、この数値は目安になりますから、

 

ある程度の数値を頭に入れておくと、何かと便利ですよ。

 

 

もちろん、数値の低いものばかりを摂取していては、

 

おそらくストレスになりますから、これもバランスが重要ということです。

 

 

毎日の生活の中で、ちょっとした工夫が、

 

2型糖尿病の進行を防ぐ手段となります。

 

自分にできることを地道に続けることが大切ですね。

 

 


需要供給