2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


歯周病

 

「糖尿病と歯周病なんて関係がないのでは?」と思いがちですが、

 

実は歯周病はれっきとした糖尿病の合併症です。

 

 

なんと糖尿病患者の90%以上が歯周病とのことですから驚きですね。

 

私は自覚症状がなかったので、歯周病とは無関係と思っていましたが、

 

念のため歯科を受診してビックリしました(笑)。

 

 

よく考えれば、糖尿病は血管に支障をきたす病気ですから、

 

口の中の血管にも、何らかの障害が起こることは明らかですよね。

 

 

反対に、歯周病の人は、もしかしたら

 

糖尿病かもしれないと考えたほうが無難です。

 

それだけ糖尿病と歯周病は、切っても切れない関係なのです。

 

 

しかも、歯周病のバクテリアが血液に入り込み、

 

全身を流れていることも、明らかになりました。

 

 

このバクテリアが、心臓の冠動脈に炎症を起こして、

 

血栓を作りやすくする、血圧を高くするという嫌な影響を及ぼすのです。

 

 

そして、歯周病が、血糖値のコントロールを妨げていることが、

 

最近はっきりしてきました。

 

たかが歯周病とは言えませんね。

 

 

歯周病の人で、唾液が泡状になりやすい、

 

口の中が乾いてちくちくするなどの症状があると、

 

糖尿病の疑いがあるとのことです。

 

 

糖尿病を早期発見するために、口の中のチェックは、

 

意外に役に立ちそうですね。

 

 

また、口腔カンジタ症や口腔乾燥症は、糖尿病の合併症として、

 

症状の状態を把握するポイントでもあります。

 

 

口の中の健康を保つことが、

 

糖尿病の進行を食い止めることにもなるんですね。

 

 


需要供給