2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


2型糖尿病にかかりやすい人とは?

 

2型糖尿病は、生活習慣が大きくかかわっている病気です。

 

遺伝によって糖尿病にかかってしまう人も少なくありませんが、

 

最近では、遺伝ではない原因で2型糖尿病にかかりやすい人が、増加しているのです。

 

 

では、どのような生活習慣の人が、

 

2型糖尿病にかかりやすいのでしょうか?

 

 

それは、過食傾向にある人や、

 

運動不足、ストレスが多い人です。

 

 

実は、私たち日本人は、欧米人に比べて

 

インスリンの分泌量が少ないのです。

 

これには、日本人の食生活が大きく関係しています。

 

 

米や野菜を中心とした和食は、インスリンの分泌量が少なくても、

 

糖の吸収には問題がありませんでした。

 

 

ですが、最近の食生活が欧米化したことで、

 

過食などでインスリンの分泌が、

 

追いつかないことが多いのです。

 

 

欧米人並みの食事を重ねていると、

 

2型糖尿病にかかりやすいのです。

 

 

また、運動不足の人は、筋肉などに脂肪がつきやすく、

 

インスリンの働きが低下します。

 

 

ストレスが多い人の場合には、ストレスを感じる時に分泌される、

 

アドレナリンなどの働きで、血糖値が高くなりやすいのです。

 

 

インスリンの働きが悪いと、体内にきちんと栄養が行き渡らないため、

 

食べる量を増やして栄養を多く摂ろうとします。

 

 

過食傾向の人は、さらに過食気味になり、

 

血糖値の高い状態が続いてしまいます。

 

 

つまり、悪循環になってしまうわけです。

 

2型糖尿病が生活習慣に関係しているのは、

 

こうした理由が原因です。

 

 


需要供給