2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


高血圧症

 

糖尿病の人は、高血圧症である可能性が高いです。

 

糖尿病にかかると、血圧が高くなると思って頂ければいいでしょう。

 

 

血糖値が高いと、細胞の浸透圧も高くなっていますから、

 

水分の吸収が増えて、血圧も高めになります。

 

 

また、糖尿病の人は肥満傾向がありますが、

 

肥満の人は交感神経の働きが活発になるので、血圧が高くなります。

 

 

2型糖尿病の人は肥満傾向が強く、

 

血圧も高めだということですね。

 

 

また、糖尿病性腎症の人は、ろ過機能が低下することで血液量が増え、

 

血圧も高めになってしまいます。

 

 

糖尿病で血圧が高い人は、糖尿病性腎症を発症する可能性も高く、

 

症状を悪化させる原因にもなるのです。

 

 

腎症が進行すれば血圧が上がり、血圧が上がれば腎症も進行するという、

 

相互作用が働いてしまうわけです。

 

 

また高血圧は、糖尿病だけでなく動脈硬化の原因にもなりますから、

 

心筋梗塞や脳梗塞といった命にかかわる病気を引き起こす危険もあります。

 

 

糖尿病も同じく心筋梗塞などの原因になりますから、

 

できるだけ数値を安定させることは、こうした病気の予防にもつながります。

 

 

高血圧の数値は、糖尿病でなければ、収縮期血圧/拡張期血圧が、

 

それぞれ140mg/90mgですが、糖尿病の人は合併症の予防のため、

 

130mg/80mgとなっています。

 

 

糖尿病性腎症のある人は、

 

125mg/75mgが理想とされています。

 

 

血圧が高いと、糖尿病だけでなく色々な病気の原因になりますから、

 

普段から血圧が高くならないように気をつけましょう。

 

 


需要供給