2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


脳梗塞

 

糖尿病の合併症で脳梗塞は、

 

心筋梗塞と同じく命にかかわる病気です。

 

 

脳梗塞は、何の前ぶれもなくいきなり起こりますし、

 

命にかかわることがなくても、重度の後遺症が残りやすくなります。

 

 

芸能人やスポーツ選手の中でも脳梗塞で入院し、

 

半身麻痺などの後遺症が出ている人がいますよね。

 

 

脳梗塞には大きく分けて、脳血栓と脳塞栓とがあります。

 

どちらも血管が詰まっている状態で、どの部分で症状が起こるかで、

 

体に現れる症状も変わります。

 

 

梗塞を起こしてしまった脳の場所が、重要な部分であればあるほど、

 

障害も大きくなってしまうわけです。

 

 

では、糖尿病とどのような関係があるかというと、

 

糖尿病の人は、血糖値が高いために血液が固まりやすくなっています。

 

 

固まりやすいということは、血流も悪くなっているわけですから、

 

脳の血管のどこかで、少しずつ血栓ができているかもしれないのです。

 

 

糖尿病で、動脈硬化を起こしている場合には、

 

脳梗塞になるリスクも非常に高いと言えるでしょう。

 

 

朝起きた時に手足がしびれる、頭が痛い、

 

忘れっぽくなったどの症状が目立つ時には、

 

脳梗塞の前兆かもしれません。

 

 

いきなり起こってしまうのが脳梗塞ですから、

 

糖尿病の人は普段の血圧や食事など、

 

色々な面で注意する必要があります。

 

 

少しでもおかしいなと感じたら、

 

すぐに受診することが大切ですね。

 

 


需要供給