2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


心筋梗塞

 

糖尿病には、3大合併症がありますが、

 

この他にも、注意しなければならない症状があります。

 

 

その一つが心筋梗塞です。

 

 

「心筋梗塞と糖尿病が、どのような関係にあるのか?」

 

と疑問に思われるかもしれませんが、

 

糖尿病の人は、動脈硬化を起こしやすいことをご存知ですか?

 

 

動脈硬化は、動脈の内側にコレステロールなどがたまり、

 

血管が狭くなったりもろくなったりする病気です。

 

 

もちろん、動脈硬化は、糖尿病だけが原因ではありませんし、

 

年齢が進むことによっても起こります。

 

 

ですが、糖尿病の人は、そうでない人に比べて

 

動脈硬化になる可能性が高いのです。

 

 

動脈硬化になると、心臓の血管にも障害が起こりやすくなります。

 

心臓の血管が硬くもろくなると、心臓を動かすのに必要な酸素が、

 

行き渡らなくなります。

 

 

すると、胸の辺りに痛みを感じるようになります。

 

安静にしていると痛みは治まりますが、この状態が「狭心症」です。

 

 

また、心臓の冠動脈に血栓ができ、

 

血流がなくなると筋肉の細胞が死んでしまいます。

 

つまり、心臓の動きが悪くなるのです。

 

 

狭心症よりもかなり強い痛みがあり、

 

苦しさも想像を絶するもののようです。

 

 

糖尿病の人が、心筋梗塞を起こすと、

 

心不全となるケースが多いので、

 

気をつけなければなりません。

 

 

中には胸の痛みがあまり出ない人もいますから、

 

糖尿病の人は、動脈硬化に十分注意する必要があるでしょう。

 

 


需要供給