2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


糖尿病足病変

 

糖尿病足病変は、足の潰瘍やたこ、白癬菌症、靴擦れや壊疽など、

 

糖尿病の人の足の障害と考えてください。

 

 

糖尿病壊疽」のところでもお話しましたが、

 

糖尿病の人は、末梢神経の働きが悪くなっているケースが多いので、

 

足の部分の障害は、常に注意が必要です。

 

 

糖尿病足病変が壊疽まで進行すると、

 

その部分を切断しなければならなくなるので、

 

できるだけこの段階で治療を行いましょう。

 

 

アメリカなどでは、外傷以外の原因で足を切断するのは、

 

半数が糖尿病性壊疽とのことですから、怖い病気ですよね。

 

 

糖尿病足病変は、末梢神経の働きが悪いと、

 

痛みなどが感じられないので、

 

自分で気づくことはなかなか難しいのです。

 

 

もちろん、この危険性を十分理解していれば、

 

自分でも傷の有無を確認しますが、

 

そうでない場合には、受診した際に

 

よく診察してもらわなければなりません。

 

 

なんといっても、痛みが少ないので、

 

いかに足の異常を早く発見するかが、

 

症状の進行を抑えるポイントです。

 

 

また、白癬菌(水虫)がある人も、そこからさらに感染しやすくなるので、

 

できるだけ足を清潔にして、白癬菌はしっかりと治療することが望ましいのです。

 

 

そして、靴によっても足病変が起こりやすくなります。

 

靴擦れやたこも、靴が関係していることがあります。

 

 

爪を切る時にも、深爪や傷を作らないように慎重に行いましょう。

 

少しでも足の異変に気がついたら、すぐに受診することもお忘れなく。

 

 


需要供給