2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


糖尿病性壊疽

 

糖尿病の合併症で、気をつけなければならないのが、糖尿病性壊疽です。

 

壊疽というのは、皮膚に傷ができた時に、そこが細菌感染を起こし、

 

皮下組織までの細胞が死んでしまう状態です。

 

 

簡単に言えば、傷口が化膿してそこが腐ってしまうことになります。

 

実は私の祖母も、最後はこの壊疽が原因で亡くなりました。

 

 

そのままの状態にしておくと、どんどん周りの細胞が腐ってしまい、

 

骨まで達した場合には切断しなければならなくなります。

 

 

特に、糖尿病の人は、末梢神経の働きが鈍くなっているため、

 

傷ができても痛みなどに鈍感になりやすいのです。

 

 

しかも、高血糖の状態は、抵抗力も弱いので、

 

感染しやすいと言えるのです。

 

 

すると、その患部が悪化していても気づかず、

 

気づいた時には手遅れになっているということが多いのです。

 

 

糖尿病性壊疽は、主に足の部分に起こるもので、指先から爪のあたり、

 

また足の裏やかかとも起こりやすい部分です。

 

 

最初は、なんとなく黒っぽく変色しているあざのような感じですから、

 

傷だとは思えないようですが、この段階で食い止めれば切断とまではいきませんから、

 

早めに気づくことがとても重要なのです。

 

 

常に足を清潔に保つことや血糖値のコントロールをきちんとする、

 

血圧の数値にも気を配るなどが、糖尿病性壊疽を予防する方法と言えるでしょう。

 

 

もちろん、普段の生活の中で、怪我をしないということは大前提ですね。

 

 


需要供給