2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


糖尿病性神経障害

 

糖尿病には、三大合併症と呼ばれるものがあって、

 

その一つが、糖尿病性神経障害です。

 

 

私たちの体には、色々な神経がありますが、

 

糖尿病性神経障害では、末梢神経と自律神経に障害が出始めます。

 

 

糖尿病の三大合併症の中では、

 

最初に症状が出てくる障害と言えます。

 

 

末梢神経の障害は、高血糖が続くと、

 

痺れや痛みを感じるようになります。

 

 

糖尿病の合併症の特徴で、こうした痺れや痛みは、

 

手や足先の左右対称に現れます。

 

 

また、虫が這っているような

 

むずむずした感じが出るケースもあります。

 

 

それが進行すると運動神経にも障害が出て、

 

顔面神経の麻痺や、筋肉に力が入らないという状態も起こります。

 

 

末梢神経が傷害されて、痛みなどに鈍感になると

 

怪我をしても気づくことが少なく、

 

治療が遅れてその部分が化膿し、壊死してしまう場合もあります。

 

 

そして、自律神経が傷害されると、

 

自分の意識していない部分での症状が、目立つようになります。

 

 

胃もたれや下痢便秘の繰り返し、立ちくらみなど、

 

原因がわからない症状が、多くなるのです。

 

 

自律神経失調症のような症状が出るようになるわけです。

 

 

低血糖症状に陥っても、発汗や動悸などが起こりにくく、

 

気がついた時には、重症化してしまっているケースも多いのです。

 

 

神経の障害は、自分で気づかないうちに重症化していることが多いので、

 

少しでもおかしいと思ったら受診することが重要です。

 

 


需要供給