2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


糖尿病性腎症

 

糖尿病性腎症は、慢性腎不全になってしまう

 

可能性が高いため注意が必要です。

 

 

慢性腎不全になると、人工透析をしなければならないので、

 

できるだけ腎不全にならないよう、早めの対処が必要です。

 

 

腎臓は、体の中の老廃物をろ過して体外に排出してくれる役割がありますが、

 

血糖値の高い状態が続くと、このろ過する部分に障害が出てきます。

 

 

腎臓でのろ過がされないと、老廃物が体の中に蓄積されてしまいますから、

 

糖尿病の進行だけでなく、他の病気を併発する危険性も否定できません。

 

 

しかも、厄介ないことに、糖尿病性腎症は自覚症状が乏しく、

 

かなり重症化しないと気づかない傾向にあります。

 

 

蛋白尿が出る、むくみが目立つなど、初期症状にも注意が必要です。

 

初期段階では、微量の蛋白(アルブミンといいますが)が発見されます。

 

 

腎症の初期段階ですから、この数値の変化に気づき、対応すれば、

 

最悪の事態は免れるでしょう。

 

 

アルブミンの異常は、内服薬では改善されず、

 

血糖コントロールがポイントとなります。

 

 

つまり、蛋白尿が出て、アルブミンも入っているとなれば、

 

早急な対応が必要です。

 

 

糖尿病と診断されたころから、実際には蛋白尿がでているので、

 

自覚症状がないからといって、通院しないというのでは、

 

いつ糖尿病性腎症を引き起こしてもおかしくありません。

 

 

さらに、糖尿病性腎症は、数年後に発症するケースもあります。

 

今大丈夫だからと軽く考えずに、常に血糖値のコントロールに気を配りましょう。

 

 


需要供給