2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


糖尿病性網膜症

 

糖尿病性網膜症は、文字のごとく目に出る障害です。

 

私は、合併症は経験ありませんが、私の祖母が糖尿病で、

 

糖尿病性網膜症にかかってしまいました。

 

 

いきなり目が見えなくなるんです。

 

これには驚きました。

 

 

もちろん、その状態になるまでには、症状の進行もありましたが、

 

私は糖尿病で目が見えなくなるということを知らなかったので、かなりショックでした。

 

 

目の網膜は、たくさんの血管が張り巡らされています。

 

そのほとんどが、毛細血管ですから、とてももろいものなのです。

 

 

血糖値が高い状態が続くと、血管がもろくなりますし、

 

コブ(動脈瘤)ができやすく、血管が破れやすくなります。

 

 

また、血栓によって血流が悪くなると、

 

網膜では新しい血管が作り出されます。

 

 

ですが、この血管もかなりもろいので、

 

ちょっとした衝撃で破れやすいのです。

 

出血が進むと、失明してしまうということになります。

 

 

現在、糖尿病患者の中で年間約3000人が、

 

糖尿病性網膜症で失明しています。

 

 

つまり、糖尿病を甘く見ていると、

 

本当に失明してしまうわけです。

 

 

失明しても、全く見えないわけではなく、

 

血糖値の状態や血管が回復されれば、また見えるようになります。

 

 

薬や手術で、改善はできるものの、一度こうした状態になると、

 

症状が繰り返されることが多くなりますから、注意しておきたいものです。

 

 


需要供給