2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


糖尿病治療の注意点

 

糖尿病の治療というのは、糖尿病を完治させるものではなく、

 

血糖値をコントロールすることが主になっています。

 

 

治せないなら、治療しない方がいいと考えてはいけません。

 

治療をしない状態が続くと、様々な合併症が起こる可能性が高いからです。

 

 

食事制限や運動療法、薬物治療もしなければならなくなると、

 

心身ともに負担が大きくなります。

 

 

ですから、糖尿病の治療は、できるだけ早く始めて、

 

血糖値のコントロールを心がけたいものです。

 

 

そして、糖尿病の治療には、

 

いくつか気をつけなければならないことがあります。

 

 

食事療法や運動療法、薬物療法など、色々な治療法がありますが、

 

そのどれを行う際も、指示された内容をしっかりと守ることが重要です。

 

 

さらに、注意したいのは、血糖値のコントロールがうまくいかず、

 

低血糖になってしまうことです。

 

 

糖尿病は血糖値が高いのだから、低ければそれでいいと思われがちですが、

 

血糖値は低すぎても、体に支障が出てしまいます。

 

 

例えば、手の震えや動悸、息苦しさが主な症状ですが、

 

そのままにしておくと意識がなくなってしまう可能性もあります。

 

 

低血糖の症状が出たら、

 

糖分の多いジュースや氷砂糖などを摂取しましょう。

 

 

糖尿病の治療をしている人は、必ず甘いものを常備するようにと、

 

医師から指示されているはずですから、それをしっかりと守りましょう。

 

 


需要供給