2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


2型糖尿病のメカニズム

 

2型糖尿病のメカニズムはどうなっているのでしょうか?

 

 

私たちが食事などで物を食べると、

 

体の中ではその栄養を分解して吸収します。

 

 

この時に血糖値のコントロールをしてくれるのが、

 

インスリンというホルモンです。

 

 

2型糖尿病は、このインスリンの量が少ないか働きが悪いために、

 

血管中の栄養(ブドウ糖)を、しっかりと吸収できなくなるのです。

 

 

血管中に糖が多くなると、血流が悪くなったり、

 

活性酸素が多くなったりします。

 

 

また、筋肉や内臓に糖が吸収されなければ、

 

「エネルギーが足りない」と判断され、

 

脂肪からエネルギーを吸収しようとします。

 

 

実際には、血管中の糖分が多いのに、

 

さらにエネルギーを摂取しようとするので、

 

体重が増えたり、中性脂肪やコレステロールが増加したりするわけです。

 

 

この血糖値の高さが、様々な疾患の原因となり、

 

合併症を引きこします。

 

 

合併症には、命にかかわるものもあるので、

 

治療をせずにいるとどんどん症状が進行し、危険な状態になります。

 

 

特に、2型糖尿病の場合、生活習慣が大きくかかわっているので、

 

かかってしまうと、治療が非常に難しいのです。

 

 

ですから、最近では糖尿病を「生活習慣病」の一つとして、

 

早期発見・早期治療のために、健康診断などでチェックするところが多いのです。

 

 

単なるインスリンの機能低下ということだけでなく、

 

糖尿病が全身に及ぼす影響は、非常に深刻なのです。

 

 


需要供給