2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


アメリカにおける糖尿病の治療実態

 

アメリカでは、その食事形態から肥満の人が急増しています。

 

 

肥満だけでなく、糖尿病や生活習慣病など、

 

日本と同じような状況であることは、

 

間違いないと言えるでしょう。

 

 

そして、アメリカでは、

 

カーボカウンティングという食事制限を実施しました。

 

 

カーボカウンティングとは、

 

炭水化物の量を制限することです。

 

 

従来の食品成分表に決められたカロリー計算ではなく、

 

炭水化物を制限することで、血糖値の上昇を抑えようとするものです。

 

 

確かに、炭水化物を摂ることが、血糖値を上昇させる原因でもありますから、

 

その原因を少なくすれば、血糖値のコントロールもやりやすくなりますね。

 

 

最初のうちは、カーボカウンティングに関して賛否両論となっていましたが、

 

ここ最近は、カーボカウンティングだけでなく、ローカーボ食、

 

つまり、炭水化物を控えた食事メニューも、有効とされてきています。

 

 

薬を使って食事制限を少なくするよりも、ローカーボ食の方が、

 

体にかかる負担が少ないという判断のようです。

 

 

それは理にかなっていますが、日本では炭水化物を控えめにすることは、

 

あまり推奨されていませんね。

 

 

日本は、炭水化物が主食ですから、それを抑えるということ自体が、

 

受け入れられないのかもしれません。

 

 

アメリカでは、こうした努力の結果、

 

糖尿患者の数は減少してきています。

 

 

ですが、肥満の人の数があまり減少しないため、近い将来、

 

糖尿病を発症する可能性が高い人が多くなると言われています。

 

 


需要供給