2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


インスリン療法

 

糖尿病の治療には、薬物療法の一つとして、インスリン療法があります。

 

インスリン療法は、主にインスリンの分泌量が少ないケースに使われます。

 

 

不足しているインスリンを注射によって体内に取り入れ、

 

血糖値のコントロールをする方法です。

 

 

糖尿病の薬というと、インスリン注射の方が、

 

よく知られているかもしれません。

 

 

「インスリンの注射は難しいのでは?」と思う人もいますが、

 

最近では、自分で手軽に使えて、痛みもほとんどないものが主流ですから心配ありません。

 

 

インスリン療法を行うケースとしては、

 

1型糖尿病の人や、2型糖尿病で食事療法や、

 

運動療法、内服する薬物療法を行っても効果が得られない人、

 

内服薬でアレルギーが出てしまう場合などがあります。

 

 

いずれも、インスリン療法を行うかは医師の判断になりますから、

 

詳しい内容など、不安な点は確認しておきましょう。

 

 

重要なのは、インスリン注射をすれば、

 

食事療法や運動療法を行わなくてもいいと思わないことです。

 

 

あくまでも、インスリンの分泌量を補助するための手段ですから、

 

食事療法、運動療法ともに、なまけることなく続けなければなりません。

 

 

また、インスリン注射を始めると、一生続けなければならないと思っている人もいますが、

 

2型糖尿病の場合には、インスリンの分泌量が増えてくれば、やめることも可能です。

 

 


需要供給