2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


薬物療法

 

糖尿病の薬物療法とは、血糖値のコントロールを目的としたものです。

 

食事療法や運動療法を行っても、なかなか血糖値が下がらない、

 

または、コントロールできない場合に薬物療法が加えられます。

 

 

糖尿病の薬物療法には、経口血糖降下薬とインスリン注射がありますが、

 

ここでは経口血糖降下薬についてお話しましょう。

 

 

2型糖尿病の場合、インスリンの分泌量が少ないか、

 

分泌されていても働きが悪いかのどちらかが原因ですが、

 

経口血糖降下剤は後者のケースに用いられます。

 

 

そして、経口血糖降下剤は、全体的な血糖値を下げるものと、

 

食後の血糖値を下げるものとがあります。

 

 

どちらの薬を使うかは、症状にもよりますから、

 

医師から指示があるはずです。

 

また、注意しなければならないこともあります。

 

 

まず、薬を使い始めたから、

 

運動療法や食事療法を勝手に中止してはいけません。

 

 

あくまでも、食事療法や運動療法と組み合わせて行われるものだと

 

理解する必要があります。

 

 

また、薬物療法は、糖尿病を完治させるものではないということも、

 

頭に入れておきましょう。

 

 

服用量や服用する時間も、薬によって違いがありますから、

 

これも医師の指示をしっかりと守ることが大切です。

 

 

さらに、薬物療法を始めたばかりのころは、血糖値のコントロールが、

 

うまくできないこともありますから、体調の変化に敏感でいることも重要です。

 

 

何か問題があれば、すぐに受診して相談するようにしましょう。

 

 


需要供給