2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


運動療法

 

糖尿病の治療で、運動療法もとても大切です。

 

運動の際に、エネルギーとして使われるのが血液中のブドウ糖で、

 

適度な運動は血糖値を下げる効果があります。

 

 

糖尿病の原因としても運動不足は挙げられていますから、

 

普段から体を動かす習慣を身につけておきたいものですね。

 

 

では、糖尿病の運動療法ですが、一言で運動といっても、

 

ただ体を動かせばよいというものではありません。

 

 

血液中のブドウ糖をエネルギーとして取り入れるには、

 

体の脂肪をまず燃やす必要があります。

 

 

脂肪を燃やす際には、短時間の激しい運動ではなく、

 

最低でも20分以上の有酸素運動が適しています。

 

 

激しい運動では、20分も続きませんし、

 

なによりも毎日続けるのが苦痛になります。

 

 

少し息が弾むくらいの内容が、

 

一番効果があると言われています。

 

 

現代は車社会で、歩くことも少なくなっていますから、

 

普段の通勤で車を使わずに歩いたり自転車を使ったりすることでも、

 

運動療法としては有効です。

 

 

そして、体を動かすことは、ストレスの解消にもつながります。

 

ストレスを溜め込むことも、血糖値を高くしてしまう原因になりますから、

 

運動療法を実践して、血糖値のコントロールを心がけましょう。

 

 

ただし、糖尿病の場合、合併症があると、

 

運動療法が難しいことがあります。

 

 

運動することがいいからといって、自分の判断で運動をしてしまうと、

 

合併症に大きな影響が出る可能性もありますから、医師と相談しましょう。

 

 


需要供給