2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


食事療法

 

糖尿病の治療に食事療法は欠かせません。

 

 

糖尿病の初期段階であれば、食事療法だけで治療が可能ですし、

 

食事療法は糖尿病改善の基本とも言えるものなのです。

 

 

食事療法と聞くと、食べたいものを我慢しなければならないというイメージがありますが、

 

そうではなくて、バランスの取れた食事を心がけるものです。

 

 

もちろん、糖尿病の症状によっては、最初のうちは大変かもしれませんが、

 

慣れてしまえばしっかりと続けられるはずです。

 

 

ちなみに、私は主治医の勧めで管理栄養士と料理のプロが作った糖尿病食を食べています。

 

厚生労働省の栄養摂取基準に基づいた栄養バランス食で、

 

味も美味しくてメニューも豊富なので毎日食べても飽きません。

 

 

「糖尿病の治療には、薬もあるのだから、

 

食事制限なんてしなくてもいいのでは?」、

 

そう思う人もいるかもしれません。

 

 

確かに、経口血糖降下剤を使って、

 

糖尿病の治療は行われます。

 

 

ですが、2型糖尿病の場合、

 

インスリンの分泌量が少ないことが原因ですから、

 

この薬を使うと膵臓にかかる負担が大きくなり、

 

余計にインスリンの分泌量が低下してしまうのです。

 

 

また食事療法をせずにインスリンの注射などで対応すると、

 

食べる量が変わらないため、ますます食べ過ぎてしまう傾向になります。

 

 

そして、肥満も解消されず、

 

どんどん悪循環になってしまいます。

 

 

そういった時には、糖尿病の教育入院があります。

 

これは、糖尿病と長く付き合うための方法を

 

入院によって専門家から指導してもらうもので、

 

食事療法についても詳しく指導が受けられます。

 

 

自分一人で糖尿病と付き合おうとしてもなかなか難しくて、

 

血糖値のコントロールができない人は、こうした教育入院も検討しましょう。

 

 


需要供給