2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


ストレス

 

糖尿病の原因に、ストレスが深く関係しているケースがあります。

 

また、糖尿病以外でもストレスが原因となっている病気は

 

多いことをご存知ですか?

 

 

私たちの体は、ストレスを受けることで交感神経が刺激され、

 

自律神経のバランスが崩れます。

 

 

適度なストレスであれば、それが自律神経を刺激して良い効果も得られるのですが、

 

ストレスが続いた状態というのは、体に負担が大きくなります。

 

 

糖尿病に関して言えば、ストレスで交感神経の働きが強くなると、

 

インスリンを分泌する副交感神経の働きが弱くなります。

 

 

一過性のストレスであれば問題ないのですが、この状態が続くと、

 

血糖値が高いままとなり、糖尿病になってしまう可能性があります。

 

 

また、ストレスは、食べ過ぎる原因にもあります。

 

ストレスを解消するために、たくさん食べるのですが、

 

これも糖尿病の原因になりやすいですね。

 

 

つまり、ストレスは生活習慣病の原因にもなりやすいということです。

 

ストレスは、本人の気づかない部分で起こっているケースもあります。

 

 

知らず知らずのうちに、血糖値が上がった状態が続き、

 

結果として糖尿病になってしまったという人も少なくありません。

 

 

ストレスが全くないのも、健康には良くないと言われていますが、

 

そのストレスをうまく解消することで、健康を保てるのです。

 

 


需要供給