2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


食べすぎ(肥満)

 

2型糖尿病の原因として、食べ過ぎや肥満と言うのは、

 

一番問題になっています。

 

 

「太っている=2型糖尿病」と言ってもいいほど、

 

食べ過ぎや肥満は糖尿病と関係しています。

 

 

私たちの体は、食事などで何かを食べると、それを分解し始めます。

 

炭水化物などは、主にブドウ糖に分解されますが、

 

このブドウ糖が血液中に多くなると、血糖値が高くなります。

 

 

その高くなった値をインスリンが調節しているのですが、

 

食べ過ぎる状態が続くと常に血糖値が高くなり、インスリンの働きが悪くなります。

 

 

さらに、その状態が続くことで、インスリンを分泌する部分にも支障が出て、

 

インスリンの分泌量も少なくなります。

 

 

食べ過ぎ傾向にある人は、肥満である可能性も高いのですが、

 

肥満の人の場合も、血糖値のコントロールにたくさんのインスリンを必要とします。

 

 

ところが、インスリンを分泌する時間が長くなると、膵臓の機能が低下して、

 

インスリンの分泌量が少なくなり、最終的にインスリンが分泌されなくなります。

 

 

食べすぎ、肥満どちらにも、同じような現象が起こるわけですね。

 

 

また、食べ過ぎ傾向の人は、

 

自分が食べ過ぎているという自覚があまりありません。

 

 

気づかないうちに高血糖の状態になっていて、

 

気づいた時には糖尿病の症状が、かなり進行している可能性も高いのです。

 

 

肥満傾向にある人は、食事の量にも気を配る必要があると言えますね。

 

 


需要供給