2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


2型糖尿病患者の平均寿命

 

2型糖尿病にかかっている人の平均寿命は、

 

健康な人に比べると10年近く短いと言われています。

 

 

「たったそれだけしか違わないの?」と思う人もいるかもしれませんが、

 

10年の違いというのは、かなり大きいのではないでしょうか。

 

 

日本人は平均寿命が長いから大丈夫と考えている人は、

 

糖尿病にかからない工夫が、かなり重要になります。

 

 

「糖尿病にかかっていると、なぜ寿命が短くなってしまうのか?」ということですが、

 

これは糖尿病が引き起こす合併症が大きく関係しています。

 

 

糖尿病の合併症には、命にかかわるものが多いですから、

 

糖尿病自体が死亡原因でなくても、明らかにきっかけである可能性が高いです。

 

 

また、英国の糖尿病研究グループの報告によると、糖尿病を患っている人は、

 

そうでない人に比べて、脳卒中や心臓病で死亡する可能性が2倍とのことです。

 

 

さらに、がんで死亡する確率も、通常よりも25%増しているとのことですから、

 

平均寿命が短いと言われても仕方ありません。

 

 

そして、糖尿病を長く患っていると、細胞分裂に重要な働きをするDNAが、

 

短くなってしまうという報告もあります。

 

 

DNAが短いということは、細胞分裂が途切れるのも早い証拠ですから、

 

寿命も短くなってしまうわけです。

 

 

2型糖尿病は、自覚症状があまりないため、

 

気づいた時には、かなり進行している可能性があります。

 

 

早めに対処することが、糖尿病による平均寿命を短くさせない、

 

最善策とも言えますね。

 

 


需要供給