2型糖尿病の症状・原因・合併症・食事療法・運動療法

あなたは、多くの人が間違った糖尿病治療をしているのは知っていますか?


薬を飲んでも、低カロリーの食事をしても、きつい運動をしても糖尿病は治りません。


実は、ある食事法を実践するだけで短期間で糖尿病を克服することができるのです。


2型糖尿病とは?

 

糖尿病には、大きく分けて2つの種類があります。

 

それが1型糖尿病と2型糖尿病です。

 

 

中でも2型糖尿病は、全体の約95%を占めていて、

 

「糖尿病=2型糖尿病」とも言えるでしょう。

 

 

私たちが体の中に食べ物や飲み物を取り入れると、

 

それが消化されてブドウ糖が作られます。

 

 

このブドウ糖が、血液で全身に運ばれ、

 

筋肉や内臓を動かすエネルギーとなっています。

 

 

ところが、このブドウ糖が、全身に運ばれなくなり、

 

血液中にあふれてしまうと、血糖値が上がってしまいます。

 

 

血糖値が上がると、全身にエネルギーがうまく運ばれないため、

 

様々な症状が出てきてしまうのです。

 

 

簡単に言えば、これが糖尿病ですね。

 

この血液中にあふれた糖分が、尿となって対外に排出されるため、

 

糖尿病という病名がついたのです。

 

 

2型糖尿病とは、このブドウ糖を全身に運ぶ際に活躍する

 

インスリンというホルモンが不足したり、

 

働きが悪くなったりすることで起こります。

 

 

なぜインスリンが少なくなったり働きが悪くなったりするのかは、

 

個人差があるので一概にはいえませんが、食事や生活習慣が関係しているとして、

 

2型糖尿病の予防が重要だと言われています。

 

 

糖尿病の場合、そのままにしておくと症状がどんどん進行し、

 

合併症も引き起こすようになります。

 

 

重度化すると命にかかわるケースもあるほどですから、

 

楽観視は危険ですね。

 

 


需要供給